知る人ぞ知る花の名所!歴史が香る城下町・長野市松代

花々が一斉に咲きそろう松代の陽春

長野市松代は戦国時代ファンに人気が高い真田氏の城下町として知られ、町の随所に貴重な史跡が点在する品格高い観光エリアです。近くには川中島古戦場跡もあり、秋の紅葉シーズンなど季節の良い時の散策にうってつけで、寒い季節に体の芯から温まる温泉も人気を集めています。史跡めぐりには下草が枯れて近隣の山城跡などの遺構もわかりやすい晩秋が向いていますが、松代は、花々が一斉に咲き誇る春にこそ訪れて欲しい地域でもあります。

長かった信州の冬が終わり、例年4月中旬から下旬にかけての桜の開花時期には、それと合わせるように春の花が一斉に咲き出します。首都圏などではまず沈丁花や梅が咲いて、桜は梅が終わったのちに咲きますが、松代では突然春が来るという印象で梅は少々早めでも、ある日急に暖かくなった日に桜・桃・あんずの花が誘い合わせるように開花します。

山肌がピンク色に染まるあんず畑

松代は城跡や品格あふれる武家屋敷をはじめ民家の庭先にも桜など春の花々が植えられ、城下町全体が春爛漫の温かなムードに包まれます。ぜひ訪れて欲しいのが、東条というエリアから豊栄方面に向かって広がるあんず畑です。東条から清滝と呼ばれる山間の地区を目指して高台に登って豊栄方面を見下ろすのがおすすめで、なだらかな山肌をピンクのじゅうたんのように彩る満開のあんずは、周囲の景観と相まって絵のような美しさで眼前に広がります。信州のあんずの名所といえば、松代から山一つ越えた南西にある千曲市にある畑が有名ですが、松代のあんず畑は、知る人ぞ知る隠れた名所の一つです。

フライアゴーとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です